削除要請

著作権・当サイトの情報収集方法について

  1. 削除要請は、法的に問題ある場合のみ承ります。弊社に司法機関を通し通知書をご送信さい。
  2. 弊社弁護士と話し合いの元、法的に問題があると判断した場合、速やかに削除いたしますのでご安心ください。
  3. プロバイダ責任制限法3条1項2号により、当サイトは口コミ情報を常時監視する義務はありません。
    削除要請がない場合、当サイトは、権利侵害のある口コミが掲載されていることを知らないため、 口コミを削除しなかったとしても、損害賠償責任を負いません。もちろん1.2項をクリアした削除要請には応じます。

尚、[情報送信フォーム入り口]から一般ユーザーが送信された霊能事業者の登録自体の削除は出来ません。霊能分野のみならず、口コミ情報はインターネットが存在する現在では無くてはならない情報です。

サロン・店舗等の住所、電話番号は、著作物ではないため、言うまでのもなく著作権の侵害にはなりません。 また、『既に広く一般に公開』している情報であり、プライバシーの侵害にも当たりません。

法的に問題のない口コミは、いかなる理由でも削除は行いません。 法的に問題のない口コミを削除することは、日本国憲法第21条第1項の「表現の自由」を侵害することになります。

クライアント側に確かな口コミ情報を伝え、悪質な霊感商法が少しでも減るように、当サイトは運営されています。

■名誉毀損のおそれのある口コミ

社会的評価を低下させる口コミは、名誉毀損により、損害賠償の対象となります。しかしながら、

  • 当該情報が公共の利害に関する事項である
  • 公益を図る目的であること
  • 当該情報が真実であるか、もしくは、書き込み者が真実であると信じるに足る理由がある

場合、名誉毀損は成立しません。サイト上の口コミ対象は、

  1. ほとんどの場合、法人、個人事業主などであり、公的な存在である
  2. 侮辱的な表現がない限り、公益を図る目的の有無を当サイトでは判断できない
  3. 口コミの情報が、真実であるのか、真実でないにしても、書き込み者が真実であると信じるに足る理由があるのか、当サイトでは判断できない

ため、名誉毀損に当たるかどうか判断できません。そのため、プロバイダ責任制限法3条2項2号に定めのある照会手続きを行います。

■信用毀損のおそれのある口コミ

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損した場合、信用毀損罪に該当します。しかしながら、

  • 口コミの情報が、真実であるか、虚偽であるか当サイトでは判断できない
  • 口コミの書き込み者が、対象企業のお客を装って、口コミをしているか判断できない

ため、信用毀損罪に当たるかどうか判断できません。そのため、プロバイダ責任制限法3条2項2号に定めのある照会手続きを行います。

■偽計業務妨害のおそれのある口コミ

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害した場合、偽計業務妨害罪に該当します。しかしながら、

  • 口コミの情報が、真実であるか、虚偽であるか当サイトでは判断できない
  • 口コミの書き込み者が、対象企業のお客を装って、口コミをしているか判断できない

ため、偽計業務妨害罪に当たるかどうか判断できません。そのため、プロバイダ責任制限法3条2項2号に定めのある照会手続きを行います。

通知書送り先

Comments are closed.

新着口コミ2件

Copyright © 霊能者 口コミ All Rights Reserved

当サイトの情報の転載・転用・コピーは如何なる場合も禁止します。発見次第躊躇無く告訴します。

削除要請    免責事項